通常検索
詳細検索

現在地

◆学修・研究支援

日本語

<期間限定>限定開館期間中の相互利用サービスのご案内【学内】
必要な文献が学内にない場合は、他機関で所蔵する資料のコピーや現物を取り寄せたり、実際に他機関を訪問して資料を利用することができます。

日本語

<期間限定>図書館の資料を利用する【学内】
新型コロナウイルスの感染拡大にともない、学術情報センターは当面の間、一部サービスを制限して開館しています。
サービス制限期間中は、次の方法で資料の貸出・雑誌論文等の複写のご提供を行っています。

※本サービスはサービス制限期間中の限定対応となります。対象期間以降はご利用いただけません。
 
《メニュー》
1.資料を借りる
2.複写物を取り寄せる
3.<注意事項>お申し込み前に必ずご確認ください
4.よくあるご質問

日本語

横浜市立大学の学生、教職員の皆さんへ

新型コロナウイルスの感染拡大にともない、学術情報センターは、4月13日(月)から当面の間、臨時閉館を行っています。
そこで当サイトでは、学術情報センターに来館しなくても利用できるサービスを紹介します。
本(電子書籍)や論文、新聞記事の閲覧、辞書・辞典や企業情報といったデータベースを活用し、ご自宅での学修・研究にお役立てください。

なお、学外のネットワークから、横浜市立大学が契約している電子書籍やデータベースを利用する際には、「VPN接続」の設定が必要になります(文中に【要VPN接続】があるもの)。詳しくは、このページの最初の項目をご覧ください。

日本語

資料のご寄贈について
学術情報センターでは、蔵書の充実を図るため、本学の研究・教育等に役立つ資料について、広く学内外からの寄贈を受け付けています。

■受入の基準
・本学に所蔵のない資料
・汚破損・劣化・書き込み等がなく、図書館での利用に耐えうる資料
・本学の収集方針に適する資料

日本語

相互利用サービスのご案内【学内】

当面の限定開館期間中は、こちらからサービスをご利用ください。

日本語

資料相談
学術情報センター及び医学情報センターでは、学術文献資料に関する利用相談等を受け付けしています。ぜひご活用ください。
※ ガイドライン作成等の文献検索代行(医学情報センター)については、本ページ下部をご覧ください。

■ご利用方法
学術情報センター、または医学情報センターのレファレンスカウンターにて、ご相談ください。また、学内者の方は、お電話、電子メールでもご相談をお受けいたします。
 [レファレンスカウンターでの受付時間] 月曜~土曜及び試験期の日曜 9時~17時
  ※ 試験期の日曜は、学術情報センターのみの受付となります(医学情報センターは対象外)。
  ※ 休館日については、開館カレンダーをご確認ください。
 [電話・電子メールでの連絡先] 問い合わせ先参照

日本語

購入希望図書のお申込み【学内限定】
 
講義に関連する図書や卒論・レポート作成、図書、臨床・研究に必要な図書が学内にない場合、該当の図書を購入希望として申し込み、図書館に所蔵することができます。
※購入希望図書のお申込みは、横浜市立大学に所属する方にご利用いただけます。
 
■お申込み方法

日本語

相互利用サービスのご案内【学内】

学外者向けの相互利用案内はこちら
 
 必要な文献が学内にない場合は、他機関で所蔵する資料のコピーや現物を取り寄せたり、実際に他機関を訪問して資料を利用することができます。「本学で所蔵していない資料を利用したい」ときや、「他大学や専門機関の図書館を直接利用したい」には、図書館間の相互利用サービスをご活用ください。

  • 相互利用サービスは、横浜市立大学に所属する方、卒業生利用登録をされた方にご利用いただけます。(「国立国会図書館 デジタル化資料送信サービス」を除く)
  • 資料のコピーや現物の取り寄せには1週間前後のお時間をいただいています。
  • 依頼先となる他機関の状況により、サービスを提供できない場合があります。予めご了承ください。

 
■お申込み方法