通常検索
詳細検索

現在地

【お知らせ】電子ジャーナル閲覧におけるブラウザの先読み機能について

電子ジャーナルを閲覧する際、各Webブラウザの「リンク先読み機能」が設定されている場合、バックグラウンドで同じ文献に複数回のアクセスを繰り返すといった、利用者が意図していないアクセスが行われることがあります。
電子ジャーナルの閲覧において、一時に大量のデータをダウンロードしたり、プリントアウトすることが禁止されていますが、先読み機能による意図していないアクセスであっても、提供元から使用許諾条件の違反と見なされ、電子ジャーナルの利用を制限される場合があります。
つきましては、電子ジャーナルの閲覧に用いるブラウザについて、以下のとおり、設定いただくようお願いいたします。

Microsoft Edge ※特に先読み機能による大量アクセスが発生しやすいブラウザです。
 [設定]-[詳細設定]を開く
 →「ページ予測を使って、閲覧速度の向上、読み取りビューの回線、全体的な使用感の向上を図る」をオフにする

Internet Explorer11
 [インターネットオプション]-[詳細設定]を開く
 →「ブラウズ」中の「パフォーマンスを最適化するためにサイトとコンテンツをバックグラウンドで読み込む」のチェックを外す

Google Chrome
 [設定]-[詳細設定]を開く
 →「予測サービスを使用してページをより迅速に読み込む」をオフにする

FireFox
 URL欄に「about:config」と入力して、コンフィグ画面を開く
 →「network.prefetch-next」を「false」にする