ログイン | English | ヘルプ

現在地

相互利用サービスのご案内【学内】

日本語

相互利用サービスのご案内【学内】
 
 必要な文献が学内にない場合は、他機関で所蔵する資料のコピーや現物を取り寄せたり、実際に他機関を訪問して資料を利用することができます。「本学で所蔵していない資料を利用したい」ときや、「他大学や専門機関の図書館を直接利用したい」には、図書館間の相互利用サービスをご活用ください。

  • 相互利用サービスは、横浜市立大学に所属する方、卒業生利用登録をされた方にご利用いただけます。
  • 資料のコピーや現物の取り寄せには1週間前後のお時間をいただいています。
  • 依頼先となる他機関の状況により、サービスを提供できない場合があります。予めご了承ください。

 
■お申込み方法

  1. Webサービス(マイライブラリ)から申請する ※文献複写・資料貸借のみ
    ※「マイライブラリ」の利用方法はこちらをご覧ください。
  2. 図書館のカウンターにある申込書を提出する
    ※他機関への訪問をご希望の方は、図書館カウンター(レファレンスカウンター)にご相談ください。

 
■現物貸借:学外からの資料を取り寄せる
他の大学や機関が所蔵する資料を借りて利用することができます。

●料金(税込)

図書の現物貸借(取り寄せ)
依頼先毎の往復送料として 実費相当額(依頼先からの請求額)/件

 
●現物貸借 利用時の注意事項

  • 取り寄せた資料は館内での閲覧・複写のみのご利用となります。原則、館外への持ち出しは行えません。
  • 原則、取り寄せは図書資料のみ可能です。(雑誌はお取り寄せできません)
  • 取り寄せた資料の利用期間等は、1~3週間程度となります。なお、期間は貸出館のポリシーにより異なりますので、ご了承ください。
  • 資料の取り扱いには十分に注意して利用してください。
  • 借り受けた資料に、汚損や破損などが生じたときは弁済をしていただく場合があります。
  • 取り寄せた資料の複写は、以下の著作権法の範囲内でご利用ください。
著作権法第31条(図書館等における複製)
第三十一条
図書、記録その他の資料を公衆の利用に供することを目的とする図書館その他の施設で政令で定めるもの(以下この条において「図書館等」という。)においては、次に掲げる場合には、その営利を目的としない事業として、図書館等の図書、記録その他の資料(以下この条において「図書館資料」という。)を用いて著作物を複製することができる。
一  図書館等の利用者の求めに応じ、その調査研究の用に供するために、公表された著作物の一部分(発行後相当期間を経過した定期刊行物に掲載された個個の著作物にあつては、その全部)の複製物を一人につき一部提供する場合
二  図書館資料の保存のため必要がある場合
三  他の図書館等の求めに応じ、絶版その他これに準ずる理由により一般に入手することが困難な図書館資料の複製物を提供する場合

 
■文献複写:学外から資料の必要な部分のコピーを取り寄せる
他の大学や機関が所蔵する論文や図書の必要な部分を複写依頼して取り寄せることができます。
 
●料金(税込)

国内取寄
普通郵便(送料込み) 白黒:50円/枚、カラー:実費相当額/枚
国内取寄
速達加算 依頼先からの請求額加算
海外からの取り寄せ
実費相当額

 
■KL-net:神奈川県図書館ネットワークを利用する【八景キャンパス】
KL-netに参加する公共図書館・大学図書館が所蔵する資料を借りて利用することができます。(現物貸借のみ)

●料金(税込)
無料
 
●KL-net 利用時の注意事項

  • 資料の取り寄せには、通常の「現物貸借」よりも時間がかかる場合があります(1~4週間)。余裕をもってお申込みください。
  • 申請時には【KL-net利用】と必ずお申し出ください(マイライブラリから申請する際は、「支払区分」及び「送付方法」から「KL-net利用」を選択し、申請してください)。
  • 取り寄せた資料は館内での閲覧・複写のみのご利用となります。原則、館外への持ち出しは行えません。
  • 原則、取り寄せは図書資料のみ可能です。(雑誌はお取り寄せできません)
  • 取り寄せた資料の利用期間等は、1~2週間程度となります。なお、期間は貸出館のポリシーにより異なりますので、ご了承ください。
  • 資料の取り扱いには十分に注意して利用してください。
  • 借り受けた資料に、汚損や破損などが生じたときは弁済をしていただく場合があります。
  • 取り寄せた資料の複写は、著作権法の範囲内でご利用ください。

 
■他機関の図書館を訪問して利用する
本学に資料がないときは、他の大学や専門機関などの図書館で資料を利用することができます。
訪問時には、本学発行の「紹介状」が必要となります(※一部、例外あり)。「紹介状」の発行には2~4営業日程度かかる場合がありますので、利用希望日までに余裕をもって、レファレンスカウンターへご相談下さい。
また、一部の機関については横浜市立大学の教職員・学生に限り、紹介状を発行せずに利用することができます。
 
●関東学院大学図書館の利用
関東学院大学図書館に限り、本学発行の身分証を提示することで、直接訪問して図書を借りることができます。事前連絡は不要です(詳細はこちらをご覧ください)。

【利用内容】
①教職員・院生:5冊2週間以内
②学部生   :2冊2週間以内
※相互の信頼のうえでのサービスですので、他の利用者の迷惑とならないようマナーを守って行動してください。

  • 資料の取り扱いには十分に注意して利用してください。
  • 借り受けた資料に、汚損や破損などが生じたときは弁済をしていただく場合があります。

 
●横浜市内大学図書館コンソーシアム
横浜市内大学図書館コンソーシアムでは、相互の利便性を図る取り決めが結ばれています。
なお、コンソーシアム参加大学図書館の利用方法についての詳細は、館内設置の「横浜市内大学図書館コンソーシアムInformation」をご覧ください。